沿革

昭和 49 年 1 月 社会福祉法人「島根県若草園」の設立認可を受ける
4 月 社会事業授産「島根県若草園」運営開始 (通所定員 35 人)
昭和 54 年 10 月 日本自転車振興会の補助金を受け作業棟を増築
昭和 55 年 3 月 定員 50 人に増員
9 月 送迎を開始 (マイクロバスにて)
昭和 58 年 10 月 日本船舶振興会の補助金を受け作業棟を改築
昭和 61 年 11 月 日本自転車振興会及び松江市の補助金を受け管理棟、食堂を改築
12 月 精神薄弱者授産施設「島根県若草園」の認可を受け同時に運営開始 (通所定員 50 人)
平成 7 年 11 月 国・県より平成 7 年度精神薄弱者援設施設等整備費負担 (補助) 金を、又松江市、平田市並びに鹿島町の補助金を受け「美野園」新設に向けて、建物の建築及びその他の設備等の整備に着手。
平成 8 年 3 月 定款変更 (法人名称を「若草福祉会」に、施設名称を「若草園」に変更、理事定数 6 人を 8 人に変更)
8 月 精神薄弱者更生施設「美野園」の設立認可を受ける
9 月 精神薄弱者更生施設「美野園」の運営開始 (入所定員 40 人・ショートステイ定員 4 人)
12 月 日本自転車振興会の補助金を受け 2 色フレキソ印刷機を若草園に整備
平成 9 年 1 月 島根県在宅心身障害児 (者) 短期入所事業の保護施設として登録の通知を受ける
平成 10 年 12 月 定款変更 (理事定数 8 人を 10 人に変更)
平成 11 年 8 月 定款変更 (法改正により施設名、事業名中の「精神薄弱」を「知的障害」に変更)
平成 12 年 9 月 日本自転車振興会の補助金を受けマイクロバスを購入・美野園に配置
平成 14 年 5 月 定款変更 (若草園児童短期入所事業・知的障害者短期入所事業の追加、評議員及び評議員会の設置、理事定数 10 人を 9 人に変更)
平成 15 年 1 月 支援費制度に係るみなし指定施設 (通所授産施設 = 若草園、入所更生施設 = 美野園) として登録される。
4 月 知的障害者居宅支援事業所 (若草園、美野園) 及び児童居宅支援事業所 (若草園、美野園) として指定される。
8 月 定款変更 (理事定数 9 人を 7 人に、評議員定数 19 人を 16 人に変更)
平成 17 年 5 月 定款変更 (評議員定数 16 人を 15 人に変更)
6 月 知的障害者居宅支援事業所変更届出書を提出 (事業所名・定員等変更。
知的障害者通所授産施設若草園→アイリス、定員 5 人→日中利用 5 人、 宿泊利用 4 人に変更)
平成 18 年 4 月 障害福祉サービス事業者 (共同生活援助・はまなす) の指定を受ける
5 月 美野園における給食調理業務を外部委託 (委託先 : 日清医療食品株式会社中国支店)
6 月 若草園における給食調理業務を外部委託 (委託先 : 日清医療食品株式会社中国支店)
10 月 障害福祉サービス事業者 (共同生活介護・ケアホームはまなす) の指定を受ける
松江市日中一時支援事業 (アイリス) の指定を受ける
出雲市日中一時支援事業 (障害者支援施設美野園) の指定を受ける
平成 20 年 4 月 定款変更 (理事数 7 人を 6 人に、評議員定数 15 人を 13 人に変更)
平成 21 年 1 月 島根県障害者自立支援特別対策事業費補助金を受け、美野園に作業棟を増設 (2 棟)
平成 21 年 4 月 障害者自立支援法の障害者支援施設 (美野園) として指定を受ける (事業種 : 施設入所支援、短期入所、自立訓練 (生活訓練)、就労継続支援 B 型)
定款変更 (事業名中「知的障害者更生施設」を「障害者支援施設」に変更)
平成 23 年 9 月 障害者自立支援法の障害福祉サービス事業所 (若草園) として指定を受ける (事業種 : 生活介護、就労継続支援 B 型、短期入所)
定款変更 (事業名中「知的障害者授産施設」を「障害福祉サービス事業所」に変更)
島根県障害者自立支援特別対策事業費補助金を受け、若草園にデイルーム棟・倉庫棟を増設
平成 24 年 4 月 定款変更 (事業の追加 : 特定相談支援事業・障害児相談支援事業)